働く前に確認しておこう

専業主婦に憧れる一方で、社会に必要とされるべく働きたい・単純に夫の給料だけではやっていけないという理由から、働かざるを得ないことは多々ある。しかし、その際にネックとなるのは、家庭と仕事の両立という問題だろう。
社会が男女平等を強調していても、現実問題として一般的な夫婦の大半は、男性が稼ぎ手となっている。そして、女性が家庭のことをする、そういう流れがおおいはずだ。中には、そうではないという家庭もあるかもしれない。しかし、平均してみれば、男性が社会に出る・女性が家の中のことをするという旧世代の概念が、未だ根強いのだ。それゆえ、必要に迫られても働くことを男性がよく思ってくれない・仮に許可されても家のことが疎かになると文句をいわれて不快になるなど、弊害が生まれてきてしまうケースもあるだろう。これでは女性側の負担が大きくなりすぎてしまい、ストレスで心を病んでしまうかもしれない。その前に、肉体的な疲労で疲れ果ててしまうことも考えられる。それゆえ、働く前に確認しておくことがあるのだ。それは、家族の了承を取ること・そして協力を得ることである。これを確認するのは勤めだしてからでは遅いため、その前段階から確認しておくのが賢明だろう。
子供が小学校の高学年や中学生になっているのであれば、家事においてある程度はできるように教えておくとよい。そのためにも、働く必要性を分かってもらえる環境作りも必要だ。いきなり働きたいというのは、場合によっては難しいこともある。将来に備えてしっかりと根回しをしておくためにも、家族間であってもそういうことが必要となってくるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です